大引っ越し物語

人生で何度目の引っ越しだろうか。

といっても長年一人暮らしをしていた配偶者が、函館から札幌に移動するだけだが、それでも3DKにあふれる荷物を札幌の家で引き受けることになり、相当な大移動である。いや、移動の前の準備が大変である。空間をつくらなければならない。それはモノの処分ということ。

なにより苦手、なにより下手。どんなに誰にしかられようとできない。それをこの1ヶ月毎日少しずつやっている。これがつらい。全部おちついたら、アンチ断捨離、という本を書こうと思う。

 

荷造りのために久しぶりに訪ねた函館は、実に実に魅力的だった。函館はもとより魅力的な街である。私は函館で生まれて6歳まで過ごした。結婚後、父が一時函館で仕事をしたときも彼の地に縁を得た。そして19年前、広島から家族で函館に転居。つまり3度の函館ライフを経験した。

その3度目は長女は中学2年から高校卒業まで、次女は小学校生活を過ごしたのだが、私自身もまた、関西の大学の博士課程と研究科に籍を置き博士論文執筆に寝食を忘れた日々でもあった。

その6年間は自宅周辺の移動程度の日々だったこともあり、函館の魅力を謳歌する余裕がないまま、親たちの心配もあって配偶者を残して札幌に移動した。

彼の一人暮らしも13年に及んだのだと思うと感慨深い。

今回は次女も伴っての函館で、西部地区のホテルに滞在しながらの片付け作業になった。これがすばらしいホテルだった。シェアハウススタイルの部屋と普通のホテルがいっしょになっている。そのロケーションのよさから、期せずして函館のよさを見直すことになった。

なんて素敵な街!また来よう!と繰り返す私に、次女が苦笑い。

別れるときになってからよさを見つけてグズグズするタイプなのだという。たしかにそうだ。もっと早くこの魅力に気付いていたら、と思う。

さよならが苦手なので、どなたにも函館を引き上げることを告げずに札幌に帰ってきた。

実際、住む街ではなく、訪ねる街として、これからのほうが頻繁に函館を訪ね、仕事をしたり多くの出会いを楽しめそうな気がしている。

人生はそんなものだ。目の前のモノやコトのよさに気付くことは実にむずかしい。

ふるさとはやはり函館である。

私は函館で生まれた。

 

ただひたすらに

4日もつづけて、ちゃんとブログを書いたのに、午前零時を過ぎてしまって一日飛んでしまった。残念。

午前零時半の執筆となる。

エンドレスの片付け作業は、思い出に浸る作業でもあり、

遅々として進まず、40ℓのゴミ袋3個まとめればよい方。

長く生きてきたからなあとしみじみ。

玉石混交とはわが家のこと。

写真の白い小皿たちは100均からやってきたものが多いが、その中に、作家モノの白磁が交じっているからおもしろい。簡単に処分はできない。

ところでよいモノとはなにか。

100均でもよいものはよい。

作家モノでもいらないものはいらない。

食器の良し悪しは実にむずかしい。

もう30年近く前、長女が風邪から胃腸を壊して入院したことがある。3歳か4歳だったか。

入院した日からドンドン悪化。

食べないから点滴するも快方に向かわない。

数日後、付き添っていた私の耳元でやせ細った彼女は言った。

「おかあちゃまの作ったコーンスープが食べたい」

手抜きの私の、缶詰と牛乳を混ぜた程度のスープを

彼女は食べたいと言った。

作ってこようか?と聞くと、

二つ両方にお耳のあるカップで食べたいという。

当時、わが家は贅沢などできない状況にあったのだが、

よい器だけはあった。

長女はノリタケのソーサー付きのブイヨンカップで

コーンスープが食べたいと言ったのだ。

よりによってなぜあのカップで、なぜコーンスープだったのかは

わからないが、私は迷わず主治医に退院を願いでた。

長女は帰宅後すぐ、そのカップでコーンスープを2杯平らげ、

あっというまに回復した。

私が、食卓の演出にこだわる原点はここにもあったのだ。

 

どんな器で

どこで

なにを

だれと

どう食べるか。

 

それが健康にもつながるのだ。

 

「よい物だけで暮らしたい」

「気に入ったものだけで暮らしたい」

とは言っても、さてそれが難しい。

 

そんなことを思いながら、1日中片付け作業をしいるが

一向にすすまない。

だから時計は零時を回ってしまった。

だからだから、5日続けてのブログ執筆にならなかった。

甚だ残念である。

一生懸命やっているので、私は悪くない・・・

のではないでしょうか・・・。

 

日本のルーツ

中国の食文化に関心を寄せて久しい。

昨年、大連海洋大学で講演をさせていただいて以来、

さらにその興味は広がり、遅々とした歩みながらあれこれ調べている。

今年も訪中の機会がありそうなので今夜も古い中国の食文化の本を読んだ。

箸を使う文化は中国と朝鮮半島、日本、ベトナムなど限られている。だがそのルーツは当然中国である。

漢の時代の書を丁寧に読んで驚いたのは、箸は使っているが、匙と手も自在に使って食事をしていたようだ。

現在も地球上の約40%が手食なのだから、中国も手食が主であったことは不思議ではない。私たちもおむすびやサンドイッチは手で食べる。手食は基本である。

ただ、中国はどこで匙が蓮花に変り、手を使わなくなったのか、

なぜ韓国は匙が主役で箸が従なのか。

その箸の置き方も、中国は縦に、日本は横に置く、思い込んでいたが、中国も日本の箸のように、横に置いていた時代があった。

いつ変った?

なぜだ?

 

そんなことはどうでもよいか。

なぜ、どうしてとしつこく追いかける癖はどうにもならない。

そして古い書の中で今夜もう一カ所、驚いたのは、

日本の重箱の外が黒、内が赤、という組み合わせは日本の独特なものかと思っていたが、これとて中国由来だったようだ。

 

ユネスコが和食を無形文化遺産に選んだときの大いなる違和感が

また大きくなった。

食文化は100の地方に100種類ある。よいも悪いもない。

重要度や価値に差などない。

そもそも和食の定義をきちんと語ってくれた人に私は会ったことがない。

 

このユネスコの件に関しては書きたいことがあるが、

まだ情報が少ないので別の機会を待とうと思う。

 

日本はすばらしい。日本の食文化は本当にすばらしい。

たしかにそうである。だがあくまでも謙虚であるべきだ。

同じように素晴らしいものが他の国にも山ほどある。

他に目を向け、他から学ぶ姿勢を持ってこそ、

素晴らしい日本の衣食住を豊かに享受できるのではないか、

世界に自身を持って発信できるのではないかと私は思っている。

実に全く老婆心である。

今日はいろいろな発見があったのだが、

一番驚いたのは、このブログをちゃんと3日続けて書いていることだ。

三日坊主のワタシが、である。どうしよう・・・大丈夫か。

乾杯しよっと。

 

 

 

 

お酒の選び方

お酒なら何でも飲む。

とは言っても、日本酒と焼酎はチャンスが少ない。

「まずビール」

と言う多くの大人たちと同じ様に

ビールのあと食事といっしょにワインをいただくことが多いか。

 

目下、書斎の整理に連日追われているのだが、

これまでの調査や研究、テキストなどにも目を通している。

お酒についてもいろいろ調べたものがでてきた。

嗜好品は人間の文化としてきわめて興味深い。

 

ワインは食事といっしょに飲む。

日本酒は肴とともに飲むが、食事ーいわゆる炭水化物といっしょにいただくことは少ない。

ウヰスキーも、食事しながら楽しむものではない。

ウヰスキー用の肴やチーズ、チョコレートは似合うが、

食事のお伴ではない。

去年訪ねたチェコは、水よりビールのほうが安いせいか、

みんなビールをガブガブジョッキーで飲み続け、なにも食べずに

ワイワイ会話を楽しんでいた。とても新鮮な風景で、

私たちも連日動けないほどビールを飲み続けた。

 

食後、場を変えて、ゆったりデザートワイン、ブランデーという文化もあろう。

 

お酒とひとくちに言っても

食前にひとくちいただくものもあるし、

実にさまざまである。

その濃度や香りによってグラスが異なるのは当然である。

 

最近の若いひとたちのお酒の飲み方は昔とかなり違う。

いきなり甘いお酒を注文し、いろいろな種類に挑戦する。

肴や料理の味を壊さないかと心配になるが、これも時代か。

 

亡父も恩師もウヰスキー党だった。

父は食事の前、必ず濃いめの水割りを2杯、母になにか作らせては美味しそうに楽しんでいた。

学生時代、父に連れられてススキノを飲み歩いたことや、

私の下宿でどちらが強いか競ったことなど、懐かしい思いでである。ちなみに、下宿でのバトルは私が先に1本飲みほして勝利をおさめた。まだ若いときの話しである。

動物行動学を日本に紹介し、定着させた恩師日高敏隆先生はどんなときもウヰスキーだった。散々飲まれてから論文に目をとおされるような、豪快なウヰスキー派だった。

 

そして実は私もかなりウヰスキーが好きである。

配偶者もアイルランドにいたこともあってウヰスキーにはうるさい。

もう相当な大人になってしまった私たちは、

そろそろ甘っちょろい?ワインではなく、

まずは水割りを楽しんでから食事をするか、

ちゃんと食事をしてからチビチビとウヰスキーにするか、

大人らしい飲み方をしたいものである。

少し冷える今夜など、BOWMORE が恋しい。

 

 

 

 

防ぎ用はないものか

ふと耳に入ったテレビ番組でまた溜め息の夜。

血糖値を急にあげないために・・という内容だったようだが

GI値について言及。

ジャガイモも人参もよくないと。

えーっ!

カレーなんてダメですよね、的な。

えーっ!

さらにパン、ごはん、うどんも。

えーっ!えーっ!

いや、実際は私は驚いてはいない。

炭水化物だから値が高いのは当然。

ただ、ああまただ・・・という絶望感。

この手の番組はほぼ毎日のように放映されている。

書籍とて同じ。

ガンが治った食事法・・など

問題にならないのだろうか。

ある食材の薬効などを過剰評価したり

不安を煽るような情報をフードファディズムという。

群馬大学の高橋先生の書物などに詳しい。

きな粉は・・・・によい

ココアも・・・・によい

ワインもチョコレートも・・・によい

白砂糖はカラダに悪くて

色のついた砂糖はカラダによい・・などなど

マスコミによるこの手の報道には

幾度も反省の機会はあっただろうが

視聴者の判断力を想像していないかのような

内容は放映され続けている。

よい情報もたくさんあるのだが

問題は視聴者の理解力や想像力、知識の差である。

94歳の母は、このところ

もずくとひじきが食べたいと連日のリクエスト。

実は先日、ある番組で、親しい仕事仲間が

肥満などに海藻が効果があることを話していたからだが、

彼はそれを毎日食べろとは言わなかったし、

その成分にその効果がある、と丁寧な説明をしたはずだが

不老長寿の薬のように思ってしまったらしい。

母だけではあるまい。

コピーライターの友人は

植物性とかオーガニックとかを目立たせるだけで

あるいは

天然由来と書くだけで売上げが変ると苦笑していた。

動物性はそんなに悪いか?

天然由来ってなんだ?

大切なことは美味しく食べることだ。

タベモノである以上、カラダに悪くないモノがほとんどである。

 

40年も言い続けているのに

すこしも世の中の「冷静な判断力」が強化されず

「正しい知識」が広まらないことが

本当に私は悲しい。