11月14日(土)生活美学コース【6】

 冬の足音が聞こえてきた札幌。生活美学コース、11月の授業が開催されました。テーブルコーディネートやテーブルセッティングの歴史、日本のブームについて、さらに食卓の演出の意味するところなどを、みんなで真面目に勉強。過剰な装飾や西欧化への極端なあこがれなど、時代を振り返ると興味深いものがありますね。

 今回は近くまた開店予定(3日限り・札幌裏参道)の荒井商店イチオシの器も取混ぜた食卓で一足早いクリスマスのお茶会も!荒井先生の家の外壁を這う蔦たちも素敵なテーブルデザインの一部になりました。
“11月14日(土)生活美学コース【6】” の続きを読む

10月25日(日)なでしこ倶楽部

 10月開催のなでしこ倶楽部は「野菜」がテーマ。芦別まで修学旅行!…の予定でしたが、諸事情あって次回に持ち越し。今回は当サイトでも度々ご紹介している川崎シェフのお店「リッチクチーナイタリアーノ」さんにお邪魔してフレッシュで素敵な野菜を堪能しました。

 芦別から届いた個性的なお野菜は、川崎シェフの手で見事な作品に生まれ変わり、参加者全員の目と舌を喜ばせました。昼間だというのに、ワインも何本か空にしましたよ!お味をお伝えできないのは残念ですが、美しさの一部を写真でご紹介しますね。

 もちろん「なでしこ倶楽部」らしく、お勉強もしっかりとしました。緑の葉の扱い方や紅葉の仕組み(植物生理学的にしっかりと)、食卓の布の意味と扱いについてなど。「なでしこ倶楽部」は現在、席に若干余裕があるようなので、30代〜40代前半の女性で興味のある方はご連絡ください。(札幌事務局/中川)
“10月25日(日)なでしこ倶楽部” の続きを読む

10月8日(木)生活美学コース【5】

 道東よりは大分マシとはいえ、台風の悪天候の中「生活美学コース」が開催されました。先日の荒井ギャラリーにご参加いただいた作家の小泉先生の器たちを主役にしたテーブルディスプレイです。秋のお菓子とフウセンカズラ。北海道の短い秋を楽しむ食卓でした。

 講義では「なぜマナーがうまれたのか」や「正装とはなにか」など、ハウツーではない学問としての文化を学びます。ファッションの話がでたので、実習はコサージュ作り。生のコサージュを身につけることは少ないですが、プレゼントにしたり食卓に飾るととても素敵です。充実したひとときを、みなさんと共に過ごしました。(札幌事務局・中川)
“10月8日(木)生活美学コース【5】” の続きを読む

9月20日(日)なでしこ倶楽部

 2015年秋の大型連休の日曜日、なでしこ倶楽部」が開催されました。久しぶりのレッスンとなりましたが、変わらず食卓を中心とした生活デザインを真剣に学びます。

 季節の食材、庭の花、テーブルクロス…美しく演出された食卓は、秋らしさを存分に楽しむことができます。心が豊かになる食卓を家族や友人と共に囲むことができたら、とても嬉しいですよね。花を活け直し、ランチとは異なる食器で楽しむティータイムは、同じテーブルクロスでも雰囲気がまったく異なります。なでしこ倶楽部は、こういった変化も実際に体験しながら学べる貴重なクラスです。30年目を迎えるお教室に加え、2015年秋は「荒井三津子 生活文化塾」にとって新たな一歩を踏み出す記念の季節となりそうです。(札幌事務局・中川)
“9月20日(日)なでしこ倶楽部” の続きを読む

9月11日(金)生活美学コース【4】

  すっかり秋の風を感じるようになった札幌。北18条アトリエで、第4回目の生活美学講座が開講されました。テーマは「食の作法ななぜ必要か」という、なかなか面倒なテーマでしたが、生徒さんたちから積極的な意見も出て、充実したクラスになりました。

 テーブルセッティングでは、りんごを用いたプレートスタンドの作り方や庭の草花を上手に活かすことを学び、手作りクッキー「DROPIJE(ドロッピエ)」、創業1585年の本家菊屋(奈良)の「菊乃寿」のお菓子に舌鼓を打ちました。荒井先生が大切にしている秋のお節句「重陽の節句」や一足早いお月見も、みんなで楽しみました。(札幌事務局/中川)
  “9月11日(金)生活美学コース【4】” の続きを読む