9/15(金)ライフデザインスクール暮らしにプラス1

美味しいほうじ茶の作り方&日本全国にある珍しい番茶の旅

生活文化塾の塾長が校長?をつとめるライフデザインスクール暮らしにプラス1。玉翠園の玉木さんを講師にお迎えして日本茶講座の第2弾。今回も募集開始ですぐ満席。日本茶の奥深さにみなさま大感激でした。講義の締めくくりにはグラム5000円の玉露を入れていただき、あまりの甘さと深い香りに全員でため息。焙じ茶の作り方もご指導いただき、部屋中に広がったお茶の香りでみなさままたまた笑顔。講義のあとは筒渕信子先生のお弁当に舌鼓。食後は先ほど焙じたお茶と日本産の紅茶でティータイム。幸せな時間でした。玉木先生の講座はまだまだ続きます。ご期待ください!
追伸ー 毎回、玉木さん、いえ玉木先生は車に山ほどのお道具とお茶を積んでいらっしゃいます。講座の2時間前からの丁寧なご準備と、たっぷり大満足のご講義。わかりやすいテキスト。今回も素晴らしい玉木先生にただただ感激の校長でした。

(生活文化塾のFacebookより)

重陽の節句

今年の重陽の節句、器の組み合わせの妙。イルチェントロひらまつの南シェフと試行錯誤の結果。先代からのお皿と私のお気に入り〈網紋と雷紋風〉がしっくり。サイズ感、質感のバランスの大切さ。取り箸は竹製も用意しましたが、この空間でのお節句なのであえてクリストフルの赤白を添えました。
日曜日は片付けDAY。目も鼻も花粉とダストのアレルギーでなかなかつらいてすが、宴のあとのこの時間は想定内。今週はライフデザインスクール開催ウィーク。お掃除は校長の最大のお仕事。みなさまによい1週間でありますように!(三津子先生のFacebookより)

9/9(土)重陽の節句 ガラパーティー~日本食文化とともにⅡ~

七夕に続き、荒井三津子先生とイル・チェントロひらまつの南シェフとの共同企画第二弾~重陽の節句をお祝いする会を昼の部・夜の部と開催いたしました。
九月九日は日本の五節句のひとつ重陽の節句です。健康と長寿を祝う菊の節句でもあります。
日本のよき味、よき器、よきしつらえ。
三津子先生の、長年温めていた器がイタリアン料理と見事に融合。
今回は菊酒を甘酒に。
オマールエビには、米味噌のソース、グラタンに麦味噌を調味料として使っていただきました。
南シェフのお料理への熱い思いと愛情に感動です。
長年に渡って語り継がれてきたことの意味を知ることで、あらためて日本の文化の素晴らしさ、先代の知恵に感謝する時間でもありました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
次回は「女正月」をお祝いする会を予定しています。
どうぞお楽しみにしていてください。 “9/9(土)重陽の節句 ガラパーティー~日本食文化とともにⅡ~” の続きを読む

8/19(土)ライフデザインスクール 暮らしにプラス1

色彩心理学

ライフデザインスクール 暮らしにプラス1. 今月の色彩心理学のテーマは青でした。わが家、布も食器も青が多い!ご参加の皆様も青い装いで、本当に素敵な時間でした。小野屋先生、ありがとうございました。そして今月も三日間、美味しい特製ランチをお作りくださいました筒渕先生、ありがとうございました!回を重ねるごとに内容も皆様の熱意も深く大きくなっています。これからも私たちの衣食住を丁寧に見直し、アカデミックに、そして実践的に学ぶ場面をご提案していきたいと思います。
追伸/迫力のある犬の絵は大谷一生作。配偶者の退職記念に購入。まだ額縁ナシですが、アーティストの優しさふれる作品。青ベースなので今回登場。


(三津子先生のFacebookより)

Obi sash


着物ライフクリエイターの着物学とワタシの装い学、コラボレーション講座本日スタート。着付けを学ぶのではなく、衣裳とその意匠、日本の着る文化を学びたいー。帯揚げや帯ジメを整理しながら、着物はこんなにも素敵だったかとあらためてため息の朝。(三津子先生のFacebookより)